そんなアピールするのは世界で1人だけ!? スアレスの行動に笑いの声も[映像アリ]

ウルグアイ代表のスアレス photo/Getty Images

まさかのハンドを要求

ストライカーとは常にゴールのチャンスを狙っているものだが、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスほど執着している選手も珍しいだろう。25日に行われたコパ・アメリカ・グループステージ最終戦、チリ戦で見せた仰天アピールが注目を集めている。

そのアピールとは、チリの選手がペナルティエリアでハンドをしたというもの。ペナルティエリアに侵入したスアレスは中の味方へグラウンダーのボールを送ったのだが、これをチリのGKが手で弾き出した。当たり前だが、GKなのだから手を使って構わない。しかし、スアレスは瞬間的にハンドとアピールしてレフェリーにPKを求めた。思わず体が動いたのだろう。

英『Daily Mirror』によると、このアピールにサッカーファンからは驚きと笑いの声が起きている。

「スアレスがGK相手にハンドを要求しているぞ」

「GKのハンドをアピールする選手は世界でスアレス1人だけだ」

スアレスの勘違いではあるものの、それだけ貪欲にゴールを狙っている証拠でもある。こうした貪欲さこそストライカーに必要なものなのだろう。




●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ