4試合でシュート”80本”!?  女子W杯支配する攻撃軍団のデータが恐ろしい

得点を量産するアメリカ女子代表 photo/Getty Images

グループステージから大爆発

南米では現在男たちのプライドを懸けたコパ・アメリカ2019が行われているが、フランスで行われている女子サッカーワールドカップも決勝トーナメントへ突入したことでボルテージが一層上がってきている。

もちろん日本のサッカーファンが注目するのは「なでしこジャパン」で、2011年大会女王として今大会も頂点が目標だ。しかし、なでしこジャパンの前には強烈すぎるライバルたちがいる。

そのチームの1つがアメリカ代表だ。米『Bleacher Report』は「アメリカ代表が女子ワールドカップを支配している」と伝えているが、そう思いたくなるのも無理はない。ここまで記録しているスタッツが異様だからだ。

ここまでアメリカ代表はグループステージ3試合と決勝トーナメント1回戦・スペイン戦の4試合で計20得点を記録。4試合でのシュート数は異常とも言える82本、被シュート本数は合計14本で、そのうち5本しか枠内シュートはない。決勝トーナメント1回戦こそスペイン代表相手に2-1と苦戦したが、スペインも枠内シュートは得点を奪った1本のみ。アメリカが攻守両面で相手を圧倒しているのだ。

もっともアメリカの場合は、初戦でタイ代表を13-0のスコアで撃破しており、それがスタッツに影響を及ぼしているのは間違いない。初戦のタイ戦でアメリカは計40本ものシュートを放っている。

スペイン戦では今大会初失点を喫したが、安定感は抜群だ。次なる相手はこちらもグループステージ3連勝を飾っている開催国フランス代表で、超ハイレベルな戦いが期待できそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ