[コパ・アメリカDAY 8]チリがエクアドルを降しGL突破! サンチェスが披露した鮮やかボレー弾を見よ[映像アリ]

試合巧者ぶりを発揮したチリがエクアドルを降した photo/Getty Images

チリが盤石の2連勝

コパ・アメリカも8日目を迎えた22日、グループCの第2節でエクアドルとチリが激突した。

グループリーグ第1節を4-0で勝利したチリと、0-4で落としたエクアドル。両極端な状況にあるチームの対戦となったこの試合だが、引き締まった好ゲームとなった。

まず先手を取ったのはチリだ。試合開始早々の8分、CKのこぼれ球にフエンサリダが豪快に右足を振り抜くと、ボールはゴール左隅へと吸い込まれた。日本戦の勢いそのまま、早々にエクアドルの息の根を止めにかかる。

しかし苦しい状況が続く中、エクアドルも必死の抵抗を見せる。24分、味方のスルーパスに反応したメンデスが、相手ペナルティエリア内でチリのGKアリアスに倒されPKを獲得。これをエネル・バレンシアが冷静に決め、エクアドルが同点に追いつく。

後半はチリが再び猛攻を仕掛け、エクアドルを敵陣内の押し込む時間が増える。すると51分、右サイドからアランギスがクロスを供給すると、ボールはファーサイドでフリーとなっていたサンチェスの足元へ。落ち際を叩いた技ありのボレーシュートはGKドミンゲスの手をかすめ、ゴールネットに突き刺さる。エースの2試合連続となる鮮やかなゴールでチリが勝ち越しに成功した。

追いつきたいエクアドルだが、終了間際には退場者を出すなどあと一歩及ばず。1-2のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。これで、グループリーグ2連勝を飾ったチリは決勝トーナメント進出が決定。3連覇にむけて死角はない。

○エクアドル×チリのハイライト



参照元:youtube

【グループC 順位表】

1位: チリ 2勝0敗0分け(勝ち点:6 得点:6 失点:1 得失点差:+5)
         
2位: ウルグアイ 1勝0敗1分け(勝ち点:4 得点:6 失点:2 得失点差:+4)

3位:日本 0勝1敗1分け(勝ち点:1 得点:2 失点:6 得失点差:-4)

4位:エクアドル 0勝2敗0分け(勝ち点:0 得点:1 失点:6 得失点差:-5)

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ