コンテ就任で状況が一変? インテルMFにアーセナル行きの可能性再浮上

アーセナル移籍の可能性が再浮上したペリシッチ photo/Getty Images

今冬の移籍こそ実現しなかったが

インテルのクロアチア代表アタッカーにプレミア行きの可能性が再浮上したようだ。アーセナルがMFイヴァン・ペリシッチを、今夏のターゲットとしてリストアップしているという。

アーセナルは1月にもペリシッチの獲得を画策している。当時はペリシッチがインテルに対して、トランスファーリクエスト(移籍志願書)を提出したと英『BBC』など複数メディアで報じられた。しかし、インテル側が拒否の姿勢を示し続けたことによって移籍は実現せず。しかし伊『calciomercato』によると、アントニオ・コンテ監督が就任した今、インテルは金額次第で絶対的な存在ではなくなった彼の放出を容認する構えを見せているという。同メディアはインテルの要求する移籍金が3000万~3500万ユーロ程度であることも伝えている。

以前からウイングの選手を探していると言われるアーセナルには、ボーンマスに所属するライアン・フレイザーの獲得が濃厚との噂もある。ペリシッチとフレイザー、彼らを両獲りできればサイドの攻撃力は格段に向上することだろう。今季はピエール・エメリク・オバメヤンとアレクサンンドル・ラカゼットの2トップが機能したアーセナルだが、攻撃のオプションを増やして損はないはずだ。

はたして、アーセナルにこのクロアチア産の万能アタッカーはやってくるのか。今夏の動向に注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ