19歳のアヤックス主将はどこへ行く? 「お金は重要じゃない」

今夏移籍市場の目玉となることが確実視されるデ・リフト photo/Getty Images

決断は慎重に下すか

今季、19歳ながら主将としてアヤックスをチャンピオンズリーグベスト4へ導いたオランダ代表DFマタイス・デ・リフト。今夏移籍市場の目玉となることが確実視されており、バルセロナやユヴェントス、レアル・マドリードなど欧州の複数ビッグクラブが獲得に乗り出しているとされる。

当初、現地ではバルセロナ移籍が濃厚と伝えられていたが状況は一変。現在ではまったく予想のつかない状況となっている。どうやら本人は自身の選手キャリアにおいて大事な決断となるだけに、いまだ悩んでいるようだ。伊『calciomercato』によると、デ・リフトは自身の去就について次のように語っている。

「ビッグクラブが僕に興味を持っているのは光栄なことだ。今はまだそれについて考えている途中さ。お金は重要じゃない。大事なのはそのチームで僕が輝けるかどうかさ。バルセロナ? フレンキー・デ・ヨングと一緒にプレイするのは素敵だけど、自分のことは自分で考えないとね。いつ決断するかはわからないよ。もう少し時間が欲しいな」

デ・リフト本人ですら悩んでいる状況だけに、移籍先の予想は難しそうだ。移籍が成立した際には、その決め手も大きな話題を呼ぶこととなるだろう。

UEFAネイションズリーグ決勝のポルトガル戦後には、対戦相手であるクリスティアーノ・ロナウドから直接「ユヴェントスに来い」と口説かれたというデ・リフト。はたしてこの19歳は新天地にどのクラブを選ぶのか。どこへ行ったとしても、彼が大きな戦力となることは間違いない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ