SB不足のドルトムントに希望の光!? バルサ下部組織の新星DF加入か

ドルトムント加入が近いと報じられたバルセロナU-19のマテウ・モレイ photo/Getty Images

前線にはタレント揃うも……

今季は惜しくもブンデスリーガで2位に終わったドルトムント。同クラブの前線には今季ブレイクしたFWジェイドン・サンチョをはじめ、若いタレントが揃う。しかし一方で最終ライン、特にサイドバックは人員不足に陥っている。

左サイドバックを主戦場とする選手はDFマルセル・シュメルツァーただ1人。MFラファエル・ゲレイロやDFアブドゥ・ディアロといった、他のポジションと兼任の選手が左サイドバックとして起用されることが多い。反対の右サイドは、今季主に33歳のベテランDFウカシュ・ピシュチェクが務めた。DFアクラフ・ハキミもいるが、彼は2020年にレンタル元のレアル・マドリードに戻る可能性がある。この現状をうけて、ドルトムントは今夏18歳の若武者にオファーを出すようだ。

その選手とはバルセロナU-19に所属するDFマテウ・モレイ。独『Sport Bild』によると、バルセロナとモレイの現行契約は今季で満了となるため、ドルトムントへフリーでの移籍が可能となるとのこと。モレイは右サイドバックを主戦場としており、スピードと積極的な攻撃参加が魅力の選手だ。今季はUEFAユースリーグで5試合に出場し、3アシストを記録。スペインの世代別代表にも選出された経験があり、2017年に開催されたU-17ヨーロッパ選手権では同国の優勝に貢献。さらには同年に開催されたU-17W杯でも準優勝を果たした。

今季は久々にリーグタイトルへ近づいたドルトムント。来季こそバイエルンの牙城を崩すため、この18歳はどうしても確保したいところ。数々のヤングスターを大成させた同クラブは、モレイにとっても最高の環境と言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ