エジルがアーセナル残留を希望! 「絶対に残りたい」

残留宣言を行い、来季の復活が期待されるエジル photo/Getty Images

退団が濃厚との噂もあったが

世界屈指のチャンスメイカーといわれながらも、今季はその真価を十分に発揮できていないアーセナルのMFメスト・エジル。出場機会が限られていることやクラブの補強費捻出のため、彼には今夏退団の可能性も浮上していた。しかし、本人にその気はないようだ。

エジルは英『Sky Sports』のインタビューに登場。その中で今夏の去就について「絶対に残りたい。契約はあと2年残っている」と言及し残留の意思を明らかにしている。そして、ウナイ・エメリ監督の起用方針に不満があるかと問われたエジルは次のように回答した。

「ないね。絶対にないよ。常に憶測があるけど、ぼくらの関係がポジティブなものであることは誰もが知っている。(試合に出場できないことで)フラストレーションは溜まるね。すべての試合でプレイしたいよ。怪我で多くの出場機会を失った、でもそれがサッカーだよ。サッカー選手は常にスタメンで出たいと願っている。監督はスタートから使わない決断をするかもしれないけど、腐らずやり続ける必要があるよ」

とはいいつつも、今季エジルが出場したリーグ戦24試合のうち実は19試合がスタメン出場だ。昨季のように絶対的とまではいわないが、主力といっていい数字ではないだろうか。

来季は長くアーセナルの中盤を支えたMFアーロン・ラムジーがユヴェントスに移籍する。絶対的な核が1人抜けることで、エジルの存在はまた重要なものになってくるだろう。彼にとって思うようにいかなかったシーズンとなったが、来季の再ブレイクに期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ