リヴァプールはバルサに勝てる! ”メッシ封じ&高速カウンター”のシナリオ

CL制覇を狙うリヴァプール photo/Getty Images

英紙は絶対の自信

1日、ついに世界が待ちわびていたバルセロナVSリヴァプールのチャンピオンズリーグ準決勝1stレグが行われる。どちらも国内リーグで好調を維持しており、チャンピオンズリーグでも優勝候補に挙げられるチームだ。好ゲームになるのは間違いない。

まずはバルセロナの本拠地カンプ・ノウでのゲームだが、英『FourFourTwo』はリヴァプールが勝利できる理由があると自信満々だ。自信の理由は大きく分けて3つだ。

1.ファビーニョがメッシを抑える



このゲームはリオネル・メッシVSフィルジル・ファン・ダイクの構図に注目が集まっていたが、その前にメッシはリヴァプールの中盤を突破しなければならない。今季アンカーの位置で印象的なプレイを見せているファビーニョは1対1の対応にも優れており、メッシも手を焼くだろう。

ファビーニョだけではない。ジョーダン・ヘンダーソン、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、ジェイムズ・ミルナー、ナビ・ケイタと、リヴァプールの中盤はとにかく運動量が多い厄介な選手が揃っている。彼らの猛烈なプレスにはバルセロナも苦労するはずだ。

2.カウンターこそバルサの弱み



当然バルセロナもリヴァプールの高速カウンターを警戒してくるだろうが、それでも戦い方を大幅に変えてくることはないはず。まずはホームで勝利を狙いにくるだろう。その時リヴァプールには確実にカウンターのチャンスが訪れる。サディオ・マネ、モハメド・サラーを軸としたカウンターは脅威で、リーガ・エスパニョーラでは味わえないスピード感を誇る。

同メディアはこの2人をバイエルンのアリエン・ロッベン、フランク・リベリと重ねている。期待しているのは2012-13シーズンの再現だ。当時3冠を達成したバイエルンは準決勝でバルセロナを2戦合計7-0で粉砕している。カンプ・ノウでも3-0と勝利を収めており、リヴァプールの攻撃陣にも同様の爆発を期待しているのだ。

3.欧州屈指の守備



カンプ・ノウでメッシを抑えることができれば、リヴァプールはファイナル進出候補として2ndレグを迎えることになるだろう。同メディアはこのように考えているが、今のリヴァプールにはそれを実現できる強固な守備がある。前述した中盤もそうだが、ファン・ダイクを中心としたリヴァプールの守備はなかなか崩れない。バルセロナでも大量得点を望むのは難しいだろう。今のリヴァプールには1-0で勝てる安定感があり、大崩れする不安がないこともリヴァプールを信頼できる理由だ。


これら3つの理由はカンプ・ノウでハマるのだろうか。リヴァプールはカンプ・ノウでも十分勝利を狙うことができるはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ