ナインゴランはローマが恋しい?「ファンが温かく、より愛情を注いでくれた」

今季からインテルでプレイするナインゴラン photo/Getty Images

ミラノのファンはビジネス的

インテルに所属する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが、インテルファンと古巣ローマファンの違いなどについて語った。

昨夏の移籍市場で、4年半過ごしたローマを離れ、インテルへ移籍したナインゴラン。新天地では今季、細かい怪我に悩まされたり、遅刻が原因で謹慎処分を言い渡されたり、様々な問題があったが、2月以降は2ゴール3アシストと結果を残しており、チームに必要不可欠な存在となりつつある。

そんなナインゴランが大手スポーツメディア『beIN SPORTS』のインタビューに応じ、「ローマでは、ファンがとても温かく、より愛情を注いでくれた。特にチームに対してはそうだったよ。ただ、ミラノではビジネス的だ。少し対抗意識も強いね。ローマファンは、よりリラックスしているようだったよ」とコメントした。

さらに「オレはよく街を散歩するんだけど、一人のファンに目撃されると、次第にたくさんの人たちが集まってくる。ローマでは声をかけてくれても、より温かいね。彼ら(ローマファン)には、ミラノではもっと静かだよと言われた。でも、ダウンタウンを散歩していればまったく同じ状況になるけどね」と話している。ローマを離れてまだ1年も経っていないが、ナインゴランは古巣が恋しいのかもしれない。もしかしたら電撃復帰も……。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ