ミランに蘇る”爆速プリンス”の記憶 誕生日迎えた伝説ドリブラーの技を見よ[映像アリ]

ミラン時代のカカー photo/Getty Images

1人でカウンターを完結させるスピード

圧倒的なスピードで敵陣を切り裂き、1人でカウンターアタックを成立させてしまう。2000年代後半のミランを支えたプリンスといえば、元ブラジル代表MFカカーだ。

クラブワールドカップの際には日本でも派手なプレイを見せてくれたが、全盛期のカカーはとにかく速かった。1度加速されると手がつけられず、ボールを持たずに全力疾走している相手選手たちが全く追いつけない。ミランは2006-07シーズンにチャンピオンズリーグを制したが、当時はカカーそのものが戦術と言ってもよかった。2007年にはバロンドールも獲得しており、当時のスピードを目に焼き付けているサッカーファンも多いはず。

そのカカーは今月22日に37歳の誕生日を迎えた。それを受け、ミランの公式Twitterが過去の名プレイの映像と合わせて祝福している。もうCL制覇から10年以上が経ったが、今のミランにはカカーのように1人で試合を決められるスーパースターがいない。カカーの他にもフィリッポ・インザーギやクラレンス・セードルフなど渋い実力者が集まっており、カルロ・アンチェロッティが指揮したチームには抜群の安定感があった。

今ではカカー2世とも呼ばれるルーカス・パケタがミランでプレイしている。まだまだ大先輩カカーの領域には届かないが、ミランを再び高みへ導く存在になってほしいところだ。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ