冨安は「間違いなくビッグリーグへ行く」 大絶賛の相方が勧める移籍先は

ベルギーで圧倒的な存在感を放つ冨安 photo/Getty Images

合っているのはイングランドよりドイツ?

所属クラブのシント・トロイデンや日本代表で圧巻のパフォーマンスを披露し、大ブレイクを果たしているDF冨安健洋。今夏の移籍市場でのステップアップが期待されているが、経験豊富な同僚がアドバイスを送っている。

冨安は2018年1月に、アビスパ福岡からシント・トロイデンへ移籍。今季開幕戦でスタメンに抜擢されると、指揮官の信頼を見事に勝ち取り、定位置を確保した(アジア杯で欠場した3試合を除いて、ここまでリーグ戦全試合にフル出場中)。ただ、現在20歳とまだまだ発展途上。試合を重ねるごとに安定感は増していき、今ではシント・トロイデンにとって必要不可欠な存在となっている。

ベルギーでの評価がうなぎのぼりなだけあって、今夏の去就に注目が集まっている。そんな中、シント・トロイデンで冨安とセンターバックのコンビを組んだり、3バックで一緒にプレイしたりする32歳のポルトガル人DFジョルジュ・テイシェイラが、この若きサムライについて言及。インタビューで「彼にはシーズンの序盤からたくさんアドバイスをしてきたけど、どんどん良くなっているよ。まだとても若いし、ディフェンダーとしての伸び代もまだまだ持っているしね」と絶賛している。ベルギー『VOETBALPRIMEUR』が報じた。

これまで母国ポルトガルやベルギーの他に、イタリアやイングランド、スイスなどでもプレイした経験があるテイシェイラ。自身の経験を踏まえて「彼はやる気に満ち溢れている。トミは間違いなくビッグリーグへ行くだろう。彼にはドイツが合っていると思うよ。イングランドは合わないんじゃないかな」と述べている。はたして、冨安は今夏の移籍市場でステップアップすることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ