[粕谷秀樹]まさかの残留、まさかのウォーノック留任? それはそれで問題よねん

粕谷秀樹のメッタ斬り 009

粕谷秀樹のメッタ斬り 009

6試合残して降格が決まったハダースフィールド。試合後に涙を浮かべる選手たちも photo/Getty Images

ハダースフィールドの運命は去年の夏に……

プレミアリーグから降格するクラブには厳しすぎるかもしれないけれど、自業自得だな。上層部が準備を怠ったり、戦力を見誤ったり、あるいは無為無策の監督を信じたりしていたんだから、結果はおのずとみえていた。

ハダースフィールドの場合、昨シーズンの残留が奇跡だった。本来はトップ10をうかがえたはずのスウォンジーやストークが、極度の不振から抜け出せなかった結果、いうなればたなぼたでプレミアリーグの座を守ったわけよ。リーグ・ワーストタイの28得点でよくもまぁ……。ところが上層部は、前線を満足に補強できなかった。34試合を消化した時点の19得点はリーグ最下位。記録更新確実。要するにハダースフィールドの運命は、去年の夏に決まっていたんだよ。

ハダースフィールドと異なり、フラムは積極的に補強した。いや、闇雲にと表現した方が適切かな。新加入は一挙11人。増えすぎじゃん。1チーム分のニューカマーがやって来て、既存戦力とすぐ馴染めるはずないでしょ。それぞれの特徴をつかめないまま時間だけが過ぎ、挙句の果てに33節で降格。監督もスラヴィシャ・ヨカノヴィッチ→クライディオ・ラニエリ→スコット・パーカーと、短期間でタイプの異なる3人を起用するなど、上層部は慌てまくっていたね。

ビジョンがまったく感じられない人事だから、選手たちは上層部に疑問を抱いたと思うよ。アレクサンダル・ミトロヴィッチ、ライアン・セセニョン、ジャン・ミシェル・セリといった主力は、移籍のためにエージェントが動きはじめている。泥船からは一刻も早く逃げ出さなくちゃ。

ウォーノックはカーディフを逆転残留へ導けるか photo/Getty Images

火事場のクソ力が発揮されるかもしれない

さて、カーディフはなかなかしぶとい。17位ブライトンとの勝点差は5。数字の上では逆転可能だ。でも、ニール・ウォーノック監督はノープランで、勝因はメンタル、敗因はレフェリーのミスジャッジ。ダメ上司の典型じゃん。リヴァプール戦とマンチェスター・ユナイテッド戦も残っているから、奇跡の大脱出が起こる確率は高くない。

ただ、16日に行われるブライトン戦に勝利を収めて2ポイント差に迫ると、サバイバルウォーはさらに過熱する。トッテナム、アーセナル、マンチェスター・シティと、ブライトンのスケジュールはカーディフよりも厳しい。現地時間の13日行われたボーンマス戦とのホームゲームも、0-5の惨敗を喫している。カーディフとの《6ポインター》に向け、ブライトンのムードはガクッと下がっちまったな。

残り試合数を踏まえると5ポイント差の逆転は難しいけれど、ウォーノックは場数なら踏んでいる。火事場のクソ力ってヤツが発揮されるかもしれないよ。で、まさかの残留、まさかのウォーノック留任? それはそれで問題よねん。

文/粕谷秀樹

サッカージャーナリスト。特にプレミアリーグ関連情報には精通している。試合中継やテレビ番組での解説者としてもお馴染みで、独特の視点で繰り出される選手、チームへの評価と切れ味鋭い意見は特筆ものである。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ