メッシもC・ロナウドもいないのが”強み”!? マンCのMFが語る組織力

マンCのベルナルド・シウバ photo/Getty Images

誰かに依存することはない

9日と10日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグでは、相変わらずユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシが決定的な働きを見せた。メッシは得点こそなかったが、左サイドからのクロスで相手のオウンゴールを演出。ロナウドはアヤックス相手にお得意のヘディングシュートを叩き込んでおり、2人の存在感は強烈だ。

どんなチームでもロナウドとメッシのようなスーパースターが欲しいところだが、別の考えを持つ者もいる。マンチェスター・シティMFベルナルド・シウバだ。マンCはトッテナムとの1stレグを0-1で落としてしまったが、優勝候補であることに変わりはない。1点であればホームでの2ndレグで十分に挽回可能だ。

ベルナルド・シウバは1stレグを欠場したが、『GQ Portgal』に対しメッシやロナウドのようなスーパースターを抱えていないところにマンCの真の強みがあると語る。スーパースターに依存しているわけではなく、選手1人1人が重要性を感じていることが強みと言うのだ。

「僕たちのチームの強みはクリスティアーノやメッシのような1人で違いを生んでしまう選手を抱えていないところにあると思う。チームの全員が等しく重要と感じているんだ。それが僕たちの主要な強みだと思う」

マンCに実力者がいないという意味ではないが、今のチームは誰か1人に依存していない。バルセロナがメッシを欠けば大問題だが、マンCはそうした選手を抱えていない。セルヒオ・アグエロがスターになることもあれば、ラヒーム・スターリングやレロイ・サネがネットを揺らすこともある。中盤でもダビド・シルバ、ケビン・デ・ブライネ、イルカイ・ギュンドアン、ベルナルド・シウバとタレントが揃っている。誰か1人に依存していないのは他クラブと異なる強みかもしれない。

トッテナムとの1stレグではサネ、デ・ブライネもベンチスタートとなっていたが、2ndレグではスタメンの顔ぶれも変わってくるだろう。ジョゼップ・グアルディオラのチームは1つの壁に直面しているが、チーム全員の力で逆転できるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ