乾貴士ブームに続け! リーガで実現する”アジア・ダービー”に注目集まる

アラベスでプレイする乾 photo/Getty Images

乾はリーガのクラブが目指したいモデル

13日、リーガ・エスパニョーラにとって特別な一戦が控えている。バルセロナやレアル・マドリードのゲームが注目されるのはいつものことだが、今回スペイン『as』が気にかけているのは日本VS中国の戦いだ。

13日には日本代表MF乾貴士が所属するアラベスと、中国代表FWウー・レイの所属するエスパニョールが対決する予定となっており、リーガ・エスパニョーラの舞台で実現する「アジア・ダービー」にスペインも注目しているのだ。

乾はレアル・ベティスでこそ結果を出せなかったが、今冬にレンタル移籍したアラベスでは早くも信頼を掴みつつある。一方のウー・レイも今冬に上海上港からエスパニョールへ移籍し、3月のバジャドリード戦では中国人選手にとって初となるリーガでの得点を記録した。

乾も2月11日のレバンテ戦からはリーグ戦全試合に出場しており、3月のビジャレアル戦と古巣エイバル戦では得点も記録した。ウー・レイもリーグ戦で出場を続けているため、アジア・ダービーが実現する可能性は高いと言える。

エスパニョールにとって乾は見習うべきお手本で、乾がエイバルで活躍したことによって日本のサッカーファンの中でエイバルは有名な存在となった。日本企業とのスポンサー契約も果たすなど、エスパニョールもウー・レイの活躍からアジアでの人気拡大に繋げたいとの思惑がある。実際に同メディアも中国人サポーターが増えていると伝えており、ウー・レイが活躍すればビジネスの面でもチャンスが広がってくる。

アジアサッカー界にとってもリーガの舞台でアジア・ダービーが実現するのは大きな一歩で、日中を代表するアタッカーの2人がどんなパフォーマンスを披露してくれるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ