ミラン、トッテナム指揮官を誘惑? 今夏補強資金として437億円を用意か

ミランが注視するトッテナムのポチェッティーノ監督 photo/Getty Images

指揮官交代はCL出場権次第か

ACミランは今夏の移籍市場で、トッテナムの指揮官を務めるマウリシオ・ポチェッティーノ監督の引き抜きを画策しているようだ。

ジェンナーロ・ガットゥーゾ体制2年目のミランは今季、序盤戦は思うように勝ち点を積み上げることができなかったが徐々に勢いに乗り、昨年末から10試合負けなしを記録するなど、3位まで順位を押し上げた。しかし、3月中旬に行われたミラノダービー(第28節)でインテルとの打ち合いに敗れると、ここまで4試合白星なし。なんとか目標とするチャンピオンズリーグ圏内の4位をキープしているものの、足踏みを強いられ、5位アタランタとの勝ち点差は「0」となっている。

こういった状況もあり、ガットゥーゾ監督の周辺が再び騒がしくなってきた。もしCL出場権を取りこぼすこととなれば、その立場は危ういと報じるメディアも多数ある。そんな中、英紙『Mirror』が「ACミランはトッテナムの指揮官マウリシオ・ポチェッティーノに対して、大胆な動きを行う準備が整っている」と報じた。同メディアによると、昨年末にアーセナルからミランへやってきたイヴァン・ガジディスCEOが、ポチェッティーノの招聘を視野に入れている模様。さらに、同指揮官を招聘するために、今夏の移籍市場の補強資金として3億ポンド(約437億円)を準備する意向でいるという。

はたして、ミランは今夏の移籍市場で指揮官の交代を行うのだろうか。今後の動向にも注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ