アーセナル、エミレーツで先制した試合は無敵!? 21年ぶりの偉業達成も

ニューカッスル戦で先制点を決めたラムジー photo/Getty Images

ホーム10連勝達成

アーセナルは1日、プレミアリーグ第32節でFW武藤嘉紀が所属するニューカッスルをホームへ迎え入れた。30分にアーロン・ラムジーのゴールで先制に成功すると、83分にアレクサンドル・ラカゼットが勝利を手繰り寄せる2点目のゴールを決め、アーセナルが2-0でニューカッスルを撃破している。

この結果、アーセナルはリーグ戦で2連勝し、勝ち点を「63」まで伸ばした。トッテナムとマンチェスター・ユナイテッドを追い抜き(ともに勝ち点「61」)、3位に浮上している。また、ニューカッスル相手に勝利したことで、リーグ戦でホーム10連勝を飾ったアーセナル。1シーズンのうちにホーム10連勝を達成したのは1998年5月以来、約21年ぶりの偉業とのことだ。データサイト『opta』が伝えている。

さらに同サイトによると、エミレーツ・スタジアムで圧巻の強さを披露しているアーセナルだが、ホームで先制した試合は2016年8月に行われたリヴァプール戦(3-4)以降負けなし。直近38試合で対戦相手に逆転を許しておらず、36勝2分と好成績を収めているという。

アーセナルはこの調子で勝ち点を積み上げ、3シーズンぶりにトップ4フィニッシュ、そしてチャンピオンズリーグ出場権の獲得を成し遂げることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ