開幕4戦未勝利の千葉、エスナイデル監督を解任 昨季からチームを立て直せず

千葉の指揮官を解任されたエスナイデル監督 photo/Getty Images

降格圏内の21位に

ジェフユナイテッド千葉は17日、チームの指揮官を務めていたフアン・エスナイデル監督との契約を解除したと発表した。

現在46歳のエスナイデル監督は、ヘタフェやレアル・サラゴサなどの指揮官を経て、2017年にJ1復帰を目指す千葉の指揮官に就任。1年目はJ2を20勝8分14敗の6位で終え、昇格プレイオフ進出を果たしたが、惜しくも名古屋グランパスに敗れてJ1復帰とはならなかった。そして、飛躍が期待された2年目は、前シーズンと打って変わり大苦戦。16勝7分19敗とシーズン通して負け越し、14位に沈んだ。

そんな中でも、なんとかエスナイデル体制3年目を迎えた千葉。今季はチームの立て直しに期待されたが、昨季からの低迷を解消することができず。第4節終了した時点で2分2敗と未だ白星を挙げることができない。4試合で10失点と守備も崩壊し、21位と降格圏内に沈んでいることもあってか、クラブはついに指揮官の解任に踏み切った。

なお、エスナイデル監督の後任は、現時点では未定とのこと。新指揮官は決定次第発表するようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ