ポチェッティーノをも超える成績! サウサンプトンに希望を見せる知将

サウサンプトンを指揮するハーゼンヒュットル photo/Getty Images

今季の残留から来季の爆発へ繋げられるか

リーグ戦29試合を消化した段階で17位とサウサンプトンは苦戦している。今季はとにかく残留することが第一目標となるが、地元紙『Daily Echo』はそれほど落胆しているわけではない。なぜなら、今季途中からチームを率いているラルフ・ハーゼンヒュットルが好成績を収めているからだ。

サウサンプトンは12月に成績不振からマーク・ヒューズを解任し、ライプツィヒで結果を出したハーゼンヒュットルを招聘した。当時は降格圏に陥っていたため難しい仕事ではあったものの、ハーゼンヒュットルは3バックを取り入れてアーセナルに勝利するなどチームを立て直した。まだ17位と安心はできないが、希望の光は見えてきている。

何より頼もしいのは、ここまでハーゼンヒュットルの成績が現トッテナム指揮官マウリシオ・ポチェッティーノを超えていることだ。ポチェッティーノは2013年の1月にナイジェル・アドキンスに代わってサウサンプトンの指揮官に就任。下位に低迷していたサウサンプトンをシーズン途中から指揮したという点において、ポチェッティーノとハーゼンヒュットルには共通点がある。

ポチェッティーノはサウサンプトン就任後のリーグ戦14試合で4勝5分5敗の成績を残し、勝ち点17を稼いだ。一方でハーゼンヒュットルはここまで14試合を指揮して5勝3分6敗。勝ち点はポチェッティーノより多い18稼いでいる。

同メディアによると、サウサンプトン就任から14試合での成績が最も優れていたのはロナルド・クーマンで8勝2分4敗の勝ち点26、それに続くのがセルティックで中村俊輔も指導したゴードン・ストラカンが6勝1分7敗の勝ち点19となっており、ハーゼンヒュットルの数字は3番目に優れている。

ポチェッティーノは2012-13シーズンに残留を決め、続く2013-14シーズンは8位までチームを押し上げた。ハーゼンヒュットルの哲学が浸透すれば、来季のサウサンプトンはトップ10入りを目指せるかもしれない。日本代表DF吉田麻也も3バックの中央を任されており、一定の信頼は掴んでいるように見える。もう1度ヨーロッパリーグ出場権を争うところまで順位を上げたいが、残留を決めて来季は爆発のシーズンとできるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ