バイエルンもマンUも”レッズ”に恐怖する 「みんな僕たちを止めようと……」

リヴァプールのロバートソン photo/Getty Images

リヴァプールDFが語る自信

19日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのバイエルン戦、24日のマンチェスター・ユナイテッド戦の両方をリヴァプールはスコアレスドローで終えた。リヴァプールとしては歯がゆい結果かもしれないが、この試合を自分たちの自信にすべきなのだろう。

なぜなら、両チームともリヴァプールを恐れていたからだ。普段通りの戦い方ではなく、負けないことを優先したプランでリヴァプールに臨んできた。英『The Guardian』によると、リヴァプールDFアンドリュー・ロバートソンも相手がリスペクトしてきていることに自信を感じている。

「ワールドクラスの選手が揃うバイエルン、ユナイテッドのようなビッグチームが僕たちを止めるために戦い方を変えるんだ。リスペクトの証と受け取らないとね。こうしたビッグチームが僕たちをリスペクトしているのだから、僕たちも自分たちのことをリスペクトする必要がある」

ロバートソンも2試合続けてスコアレスドローだったことには満足していない。やや攻撃が湿りがちだったのは事実で、それほど決定機の数も多くなかった。

ただし、格上として振舞っていたのはリヴァプールの方だ。バイエルンの場合はホーム&アウェイの戦いのため状況に違いはあるが、両チームともリヴァプール相手に引き分けたことを喜んでいるはずだ。一方でリヴァプールは勝てたはずと不満を感じており、この差は大きい。

今やリヴァプールはビッグクラブにも恐れられる存在で、対戦相手はリヴァプール用のプランを組んでくる。対してリヴァプールは常に自分たちのサッカーを貫いており、これをリヴァプールの選手やサポーターは自信とすべきなのだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ