モウリーニョの新天地はフランスか? 本人が“意味深”発言 

現在フリーの身のモウリーニョ氏だが、新天地にどこを選ぶのだろうか photo/Getty Images

「新しい文化を知りたい」

成績不振により昨年12月にマンチェスター・ユナイテッド指揮官の職を解かれたジョゼ・モウリーニョ氏が、自身の新天地候補について語った。

モウリーニョ氏はカタールメディア『beIN SPORTS』が行ったインタビューで、フランス1部リーグ(リーグ・アン)への挑戦を視野に入れていることを明かしている。

「自分がリーグ・アンのクラブを率いることは想像できる。これまで4つの異なる国で仕事をしてきた。新しい文化を知りたいしね。新たなリーグで仕事ができれば、それは素晴らしい経験だ。2ヶ月から3ヶ月はフリーの身でも大丈夫だが、それ以上は厳しいね。より強くなって復帰できることを願っている」

ポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリード、及びマンチェスター・ユナイテッドと計4ヵ国の強豪クラブを渡り歩き、あまたのタイトルを手にしてきたモウリーニョ氏。リーグ・アンの強豪パリ・サンジェルマンへの赴任説が複数のメディアで囁かれているが、フランスの他のクラブからも既にオファーが届いているのだろうか。続報を待ちたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ