リヴァプールの若手SBにブラジルの名手がアドバイス 「彼には才能がある」

リヴァプールのアレクサンダー・アーノルド photo/Getty Images

長きにわたって活躍するためには

リヴァプールの右サイドバックとして確固たる地位を築きつつある20歳のDFトレント・アレクサンダー・アーノルドは、イングランド代表でも大きな存在となっていくのだろう。この年齢でリヴァプールのようなクラブのサイドバックを任されるのは普通のことではなく、アーノルドには才能がある。

しかし、まだ安心してはいけない。ここからはポジションを守っていく戦いがスタートする。これもポジションを勝ち取るのと同じくらい難しいことだ。そんなアーノルドにアドバイスを送っている人物がいる。

ミランやブラジル代表で活躍したカフー氏だ。カフー氏ほど安定感あるキャリアを送ったサイドバックも珍しく、まさに職人との表現がふさわしいレジェンドだ。英『Daily Mail』によると、カフー氏もアーノルドの才能を認めている。しかしまだやるべきことがあるとも語っており、地味ながら重要なアドバイスを送っている。

「イングランド代表でプレイするためには非常に良くないといけないし、リヴァプールでプレイするうえでもそうだ。彼には才能がある。彼のポジションに私がアドバイスするなら、トレーニングをハードに続けることだ。そして何より献身性を見せないと。これで十分と考えてはいけないし、自己満足もうぬぼれもいけない。トレーニングを続けるんだ」

長くトップレベルで活躍したカフー氏が言うと説得力がある。自分には才能があると慢心してもおかしくないが、地道にトレーニングを続けたからこそカフー氏は大きな成功を掴んだのだ。20歳という年齢を考えれば、アーノルドがここから10年にわたってリヴァプールとイングランド代表で活躍することも可能だろう。しかしそれを実現するには少しの慢心も許されない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ