大迫、ブンデス第21節を負傷欠場 JFAの対応に不満のブレーメン指揮官

アジア杯で獅子奮迅の活躍を見せた大迫だが、直近のリーグ戦を欠場 photo/Getty Images

「かなり驚いた」

AFCアジアカップ2019に日本代表として出場したFW大迫勇也(現ブレーメン)。同大会が閉幕し、今月10日のブンデスリーガ第21節(アウクスブルク戦)への出場が期待されていたものの、背中の負傷によりベンチ外となった。

独『Bild』は「(ブレーメンの)フロリアン・コーフェルト監督が日本サッカー協会へ怒り」という見出しを打ち、同監督のコメントを紹介。負傷を抱えていた大迫をアジア杯準決勝と決勝に出場させたことに対し、不満を露わにした。

「彼がプレイできない状態でクラブに戻ってきたことについては、かなり驚いている。これに関しては数週間話し合いたい。その試合(アジア杯準決勝と決勝)で負傷中の大迫を起用しないか、それともこのクラブでのプレイに専念させるかの二択しか、選択肢は存在しなかったはずだ」

独『Die DeichStube』によると、同監督は「(アジア杯期間中の)負傷については聞いていたが、全く問題ないという報告を受けていた」とも語っていたとのこと。大迫の負傷が思いのほか重かったことが判明し、同監督も落胆の色を隠せなかったのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ