サウジを撃破した選手らへ賛辞 森保監督「厳しい戦いは覚悟していたが……」

日本代表の指揮官を務める森保監督、アジア王座奪還なるか photo/Getty Images

想像以上に苦しい展開に!? 

日本代表は21日、UAEで開催されているアジアカップのラウンド16で、ロシアW杯にも出場した強敵サウジアラビア代表と対戦。相手にボールを支配され、日本は7割以上のポゼッション率を許したが、20分にヘディングで値千金の先制点を奪った冨安健洋のゴールを最後まで守りきり、1-0でサウジアラビアを退けた。

試合後、インタビューに応じた日本の森保一監督は、まず「本当にタフで厳しい戦いになることを覚悟していたが、想像以上に我慢強く戦わなければいけないところ、選手たちが最後まで頭も足も止めずに粘り強く戦い抜いてくれた」と選手たちへ賛辞を贈った

そして「もちろん、我々ももっと攻撃を仕掛けたかったが、サウジアラビアが攻撃力のあるチームだということはわかっていた。先制した展開の中で押し込まれて、我慢しながらカウンターを狙っていくということを、試合の流れの中で選手たちがよくやってくれたと思う」と試合を振り返っている。

準々決勝では、すでにベトナム代表との対戦が決まっている。次戦への意気込みを「この中2日で最善の準備をして、また次の試合でも勝って、応援してくださる方々に勝利を届けられるようにしたい」と明かした。

苦しい試合展開の中でも着実に白星を積み重ね、2大会ぶりの王座へ前進する日本代表。この調子で、是非ともアジアの頂に立ってもらいたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ