日本代表、“総力戦”で見事3連勝 森保監督「選手が結果で示してくれた」

スタメンを大幅に変更した森保監督 photo/Getty Images

スタメン10名を変更

日本代表は17日、UAEで開催されているアジアカップのグループF最終節で、ウズベキスタン代表と対戦。先制点を奪われる苦しい展開となったが、粘り強い戦いを披露し、2-1の逆転勝利を収めた。この結果、日本はグループFを首位通過している。

アジア杯は「総力戦」で臨むと述べていた言葉通り、前節のオマーン戦からFW北川航也以外のスターティングメンバー10名を変更した森保一監督。試合後のインタビューに応じると、「選手たちが総合力を見せようと、総力戦でこの大会に臨んでいるということを、結果をもって示してくれて良かったと思う」と試合を振り返りつつ「決勝トーナメントに向けても、これまでやってきた通りチームで最善の準備をして、次の一戦にベストを尽くしていきたい」と今後の意気込みを語った。

ラウンド16では、グループEの2位(カタールかサウジアラビア)と対戦予定となっている。日本代表はチーム全員の力で、アジア王座を奪還することができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ