ベイルの二の舞は避けるべき ユーヴェ移籍噂されるラムジーに必要なこと

アーセナルのラムジー photo/Getty Images

トシャックが助言

ユヴェントス行きが頻繁に噂されているアーセナルMFアーロン・ラムジーは、ウェールズサッカー界を代表する選手の1人だ。実力的にはユヴェントスでも十分にプレイでき、優秀な選手であることは間違いない。

しかし、ユヴェントスで成功を収めるためには絶対外せないことがある。それを指摘したのはウェールズ代表監督などを務めた経験を持つジョン・トシャックだ。英『Daily Mirror』によると、トシャックはイタリア語を覚えることが絶対条件と考えている。例えば同じウェールズ人選手では、レアル・マドリードFWガレス・ベイルがスペイン語の習得に苦労したためにチームメイトとのコミュニケーションに問題があったと言われている。これと同じ事態は避けるべきだろう。

「新たな文化を学ぶ。これは指揮官としての私の生き方だ。イギリスの選手が国外へ移籍するのは簡単ではないと断言できる。アーロンはトリノでベイルと同じミスを犯すべきではない。その地方の言葉はすぐに覚えるべきだ」

トシャックはラムジーの才能は認めており、ユヴェントスが欲しがることにも納得している。プレイの面よりも言語の方を気にかけているのだろう。ピッチ外でどこまで努力できるかが成功のカギとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.229 激闘必至のCLラウンド16を完全予想
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ