メッシ、デ・ブライネでもない 2018年最も決定機を演出したのは……

マルセイユの主将を務めるパイェ photo/Getty Images

EURO2016でブレイクした仏代表MF

バルセロナのリオネル・メッシやマンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネ、レアル・マドリードのトニ・クロースなど、正確無比のパスでいくつものチャンスを演出するスーパースターたち。しかし、2018年に最もチャンスクリエイト数(キーパス数)が多かったのは、いずれの選手でもなかった。

データサイト『opta』によると、2018年に欧州5大リーグで最も多くのチャンスクリエイト数を記録したのは、日本代表DF酒井宏樹の同僚で、マルセイユの主将を務めるフランス代表MFディミトリ・パイェだった。1年間でリーグ・アン34試合に出場した同選手だが、計129回(1試合あたり約3.8回)もの決定機を演出したとのこと。2番目以下の選手たちよりも、少なくとも32本も多い数字だという。

EURO2016でフランス代表の準優勝に貢献し、同大会のベストイレブンにも選ばれ、ブレイクを果たしたパイェ。FKの名手とも言われ、精度の高いキックが売りの同選手だが、その能力は今でも健在だ。来年3月に32歳の誕生日を迎えるが、さらなる活躍に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ