モウリーニョ解任の理由にはやはりポグバ? 許されなかった”ベンチ行き”

関係が問題視されていたモウリーニョとポグバ photo/Getty Images

リヴァプール戦のベンチにクラブは不満か

今季なかなか結果が出なかったマンチェスター・ユナイテッドの中で話題となっていたのは、指揮官ジョゼ・モウリーニョとMFポール・ポグバのどちらをクラブに残すのかということだった。2人の関係が良くないのは明らかで、近いうちにどちらかがクラブを去るのではないかと言われてきた。

結局去ったのはモウリーニョの方だったが、モウリーニョ解任にもポグバが深く絡んでいたようだ。英『Daily Record』は、先日1-3で敗れたリヴァプール戦でモウリーニョがポグバをベンチスタートとしたことにクラブ側は我慢の限界を迎えたと伝えている。ポグバの才能を無駄にしていると考えたのだ。

しかもポグバは相手にリードされた状況でも投入されることはなく、ベンチのままリヴァプール戦を終えている。直前のチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節バレンシア戦のパフォーマンスがあまり良くなかったと指摘されていることもあり、ポグバのベンチスタートに納得している者もいただろう。しかし、マンU側は満足しなかった。

ポグバがリーグ戦でベンチスタートになるパターンは最近よく見られたもので、リヴァプール戦の前のフラム戦やアーセナル戦もベンチスタートだった。これでチームが結果を出していれば問題なかったのかもしれないが、モウリーニョはリヴァプールにあっさりと敗れてしまった。リヴァプール戦の結果、そしてポグバの扱いが解任に繋がったと考えられているようだ。

ここからはクラブOBのオーレ・グンナー・スールシャールが指揮を執るが、スールシャールはポグバを上手く活かしていくミッションに挑むことになる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ