仙台・渡邉監督、天皇杯準優勝で悔しさ吐露も…… チームの成長に手応え

仙台の指揮官を務める渡邉晋監督 photo/Getty Images

「チーム全体の底上げにつながった」

ベガルタ仙台は9日、天皇杯の決勝で初優勝をかけて浦和レッズと対戦。前半に失点し、終盤に猛攻を仕掛けるも、相手の堅い守備を最後まで崩すことができず、惜しくも0-1で敗戦した。

試合後、インタビューに応じた仙台の渡邉晋監督は「スコアを動かされるとしたらリスタートか、我々のボールの失い方が悪くてカウンターを食らうか、どちらかだろうというような予測は立てていた。実際に、スーパーゴールが決まってしまって、先にスコアを動かされてしまい、非常に難しい展開にはなったが、その後はしっかり我々がボールを動かして、相手を動かして、意図的に相手のボックスに迫るというものを表現できたと思う」と試合を振り返った上で「最後のひと押しというところが、なかなか今日は我々のゴールという形に結びつけることがで来なかった」と悔しさを吐露。Jリーグの公式サイトが伝えている。

ただ、惜しくも優勝こそ逃したものの、初の決勝進出を果たしたことでチームの成長に手応えを感じたようだ。「天皇杯というのは、リーグ戦の合間によくあって、もちろんメンバーを替えながらいろいろやり繰りしなければいけない面もあった。逆に言うと、まさにそういうときには、チームの総合力が問われる。そういうことを考えると、数多くの選手がこの天皇杯に出場したので、チーム全体としての底上げには間違いなくつながった。それをやりながらクラブ初の決勝進出を達成できたというのは、大きな一歩を踏み出せたのかなと思う」と述べている。

仙台はこの悔しさを、来季につなげることができるのか。Jリーグを盛り上げるためにも、新シーズンのさらなる躍進に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ