「恥ずべきことだ」トッティ氏、インテル戦のVAR審判に怒り

インテル戦の判定に対し、不満をあらわにしたトッティ氏 photo/Getty Images

PKを見逃してしまった?

ローマのレジェンドで、現在は同クラブのディレクターを務めるフランチェスコ・トッティ氏が、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の使用を巡って怒りをあらわにしている。

2日に行われたセリエA第14節で、インテルをホームへ迎え入れたローマ。2度もリードを奪われる苦しい展開となったが、なんとか追いつき、2-2のドローで試合終了のホイッスルを迎えている。しかし、この試合で微妙な判定があった。35分、縦パスを受けたローマMFニコロ・ザニオーロがペナルティエリア内へ侵入した際、インテルDFダニーロ・ダンブロージオの足に引っかかり倒されたように見えたが、ノーファウルの判定。ローマメンバーは主審に詰め寄り猛抗議し、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の使用などを求めたが、主審がモニターでチェックしに行くことはなかった。

これに対し、伊『sky sport』のインタビューに応じたトッティ氏は「誰もがその場面を見ていたので、説明する必要もないでしょう。どうしたらVARのブースであのファウルを見逃すんだろうか。私はどうなっているか知りたい。我々は彼らよりはるかに小さい画面上で確認することができた。恥ずべきことだと思う」と述べた。

さらに「彼らはあれを見ていなかったのか。呼び出して聞いてみたらどうだい? VARが導入されたのはより正確にするためだ。主審が見えていたかどうかは問題ではない。でも、VARの担当者はあれをきっち見ていなければならない。もしかしたら、彼らは他の試合を見ていたんじゃないかな」と話している。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ