ベルギー全国紙が絶賛 豊川雄太の“決勝ゴール”を見よ[映像アリ]

オイペンに久々の勝利をもたらした豊川 photo/Getty Images

「非常に美しかった」

ベルギー1部リーグのオイペンに所属するFW豊川雄太が、チームを勝利に導くゴールを挙げた。

ゴールが生まれたのは、現地時間2日に行われたジュピラー・プロ・リーグの第17節(ワースラント・ベフェレン戦)。両チーム無得点で迎えた32分、FWママドゥ・フォールの右サイドからのクロスに豊川がヘディングで反応し、オイペンに先制点をもたらした。この豊川の殊勲のゴールの模様を、ベルギーの全国紙『HLN』が報道。「ベフェレンに敗北を突きつけたのはユウタ・トヨカワだった。ママドゥ・フォールからの良質なクロスに対し、日本人プレイヤーは正しいポジションを確保。今季4点目となる彼のゴールは非常に美しかった」と、同選手のプレイぶりを称えた。同クラブは前半に奪ったリードを守り抜き、1-0で勝利。リーグ戦では4試合ぶりとなる勝ち点3を手にしている。

チームを久々の勝利に導いた豊川だが、このまま好調を維持し、日本代表のレギュラー争いに割って入りたいところだろう。今後も同選手のパフォーマンスに注目だ。




参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ