リヴァプールの倒し方分かってきた? サポーターも納得せぬ中盤の質

ミルナーとヘンダーソンと話すクロップ photo/Getty Images

創造性が不足しているか

ジョーダン・ヘンダーソン、ナビ・ケイタ、ファビーニョ、ジェイムズ・ミルナー、ジョルジニオ・ワイナルドゥムなど、現在のリヴァプールは中盤に多くの選手を抱えている。前線の3人に合わせて中盤もストロングポイントの1つだったはずなのだが、今この中盤の起用法を巡って議論が起きている。

問題は創造性の欠如だ。ユルゲン・クロップは先日1-2で敗れたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のパリ・サンジェルマン戦でヘンダーソン、ワイナルドゥム、ミルナーの3枚を先発させており、彼らの走力を武器に主導権を握ろうとしたのだろう。しかし、このチョイスにサポーターは納得していない。

『Football Fancast』がサポーターの声を集めているが、この3人にはクリエイティブな能力が欠けているとの意見が目立つ。司令塔となって前線に良質なボールを提供する選手が不足しているのだ。

「クロップはケイタかシャキリのどちらか、あるいは2人ともを先発させないといけない。PSG戦の中盤には創造性がない」

「ヘンド、ミルナー、ジニのトリオは好きだが、トップチーム相手には不十分。ケイタ、ファビーニョを入れて4-2-3-1にしないと」

「ヘンダーソンとワイナルドゥムの共存を続けているが、機能していない」

サポーターの思いは様々だが、確かにこの3人では相手に先行を許す展開となった際に反撃へ転じにくい。それこそNewフィリペ・コウチーニョのような存在が欲しいところだろう。

英『Liverpool Echo』も、トップチームが徐々にリヴァプールの倒し方を理解してきたと伝えている。ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティもリヴァプールを抑え込んだが、同メディアはリヴァプールの中盤が相手のプレスを受けた場合に攻撃を満足に組み立てられなくなることを問題視している。

PSG戦ではマルコ・ヴェッラッティのプレイが目立っていたが、あれと同じことができる選手がリヴァプールにいない。モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの3枚を最大限活かすには、個の能力で中盤を支配できる存在が必要なのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ