フロンターレ、2試合残してJ1連覇決定 2位広島は勝ち点差を縮められず

連覇を成し遂げたフロンターレの面々 photo/Getty Images

セレッソ相手に敗戦も......

10日に明治安田生命J1リーグの第32節が行われ、同リーグ首位の川崎フロンターレがセレッソ大阪と対戦した。

フロンターレは試合序盤からボールを支配したものの、自陣ゴール前にリトリートしたセレッソの堅牢な守備を崩せず、膠着状態が続く。55分にはセレッソのカウンターを浴び、FW杉本健勇に先制ゴールを決められた。

自力優勝を狙うフロンターレの鬼木達監督は、76分までに3枚の交代カードを使い切り、チームの攻撃を活性化。89分には途中交代出場の知念慶が相手GKキム・ジンヒョンのファウルを誘い、PKをゲット。このPKを家長昭博が落ち着いて決め、試合を振り出しに戻した。

勝ち点1獲得と思われたフロンターレであったが、アディショナルタイムに不用意なボールロストからカウンターを浴びると、相手MF山村和也にシュートを叩き込まれてまさかの敗戦。優勝決定が次節以降に持ち越されると思われたが、2位サンフレッチェ広島が同節でベガルタ仙台に0-1で敗れたため、リーグ戦残り2試合で両クラブの勝ち点差は“7”のままに。フロンターレのJ1リーグ連覇が確定している。

[スコア]
セレッソ大阪 2-1 川崎フロンターレ

[得点者]
セレッソ:杉本 健勇(55)、山村 和也(90+4)

フロンターレ:家長 昭博(90、PK)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ