「モウリーニョは間違いなくレアルに戻る」 “元会長”が発言

マンUで苦境に立たされているモウリーニョ photo/Getty Images

「現会長からリスペクトされている唯一の指揮官」

2006年から2009年までレアル・マドリードの会長を務めたラモン・カルデロン氏が、同クラブの監督人事について言及した。

同氏は2013年まで同クラブの指揮を執り、現在はマンチェスター・ユナイテッドを率いているジョゼ・モウリーニョ監督の復帰を予想。同監督がフロレンティーノ・ペレス現会長より厚い信頼を寄せられていることを明かした。米『ESPN』が伝えている。

「今の会長はあと数年このクラブ(レアル)に留まるだろうが、もしそうだとすれば、モウリーニョは間違いなくこのクラブに戻ってくるだろう。彼はペレス会長からリスペクトされている、唯一の指揮官だからね。彼がマンチェスターから去るのであれば勿論のこと、遅かれ早かれ彼の復帰は実現するだろう」

モウリーニョ監督擁するマンチェスター・ユナイテッドは、今季のプレミアリーグ第9節終了時点で10位と低迷。また、レアル・マドリードも今季のリーガ・エスパニョーラ9試合消化時点で7位と、フレン・ロペテギ現監督のもとで低空飛行を続けている。両クラブが現指揮官の早期解任に踏み切れば、カルデロン氏の予言が今季中に現実のものとなるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ