カバーニ、ネイマールの足首を蹴る “不仲説”を蒸し返す英国メディア

確執の噂が絶えないネイマールとカバーニ photo/Getty Images

ナポリ戦で珍事発生

パリ・サンジェルマンに在籍するFWエディンソン・カバーニが、同クラブで共にプレイするFWネイマールの足首を蹴った。

事故が起きたのは、現地時間24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第3節(ナポリ戦)。キックオフから1分後にFWキリアン・ムバッペが右サイドからクロスを送ると、ネイマールが敵陣ペナルティエリア内でシュートモーションに入る。すると、同じくペナルティエリア内に侵入したカバーニがネイマールの背後からスライディングシュートを試み、同選手のキックがネイマールの足首に当たった。事故に見舞われたネイマールは痛がる素振りを見せながら、ピッチの外へ退避。医療スタッフによる確認作業を経て、3分すぎにピッチ内へ戻っている。

昨年9月に行われたリーグ・アン第6節(リヨン戦)で、FKやPKのキッカーをめぐり口論を繰り広げたカバーニとネイマール。英『SPORT BIBLE』はリヨン戦及びナポリ戦での出来事をふまえ、「二人の間に(不仲の)歴史があるという見方は正しい」と報じている。今年4月にネイマールが「(カバーニとの口論の件は)もう解決した」と発言したことで、沈静化されつつあった両者の確執報道だが、英国メディアによって蒸し返される形となった。







参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ