これぞモウリーニョのカリスマ性! スナイデルが明かすエトーとベニテスのやり取り

インテルで成功を収めたスナイデルとモウリーニョ photo/Getty Images

インテルでエトーを納得させたモウリーニョ

2009-10シーズンに3冠を達成したジョゼ・モウリーニョ率いるインテルでは、サミュエル・エトー、ゴラン・パンデフ、ディエゴ・ミリートで組む前線が特徴的だった。中央のミリートは点取り屋として機能し、エトーとパンデフは攻守両面でよく走っていた。この献身性がインテル成功の大きなポイントだったのだ。

しかし、ストライカーであるエトーはサイドで守備に走る役割をあまり好んでいなかったという。それを明かしたのは当時司令塔として彼らを操っていたMFウェズレイ・スナイデルだ。オランダ『Voetbal International』によると、スナイデルはエトーがモウリーニョ限定でウイングでのプレイを了承していて、他の指揮官の下では同じ役割を受け入れなかったと振り返っている。

「エトーはモウリーニョのために左のウイングでプレイしていたんだけど、後任のベニテスから同じ役割を求められた時に彼はこう答えたんだ。いや、あれはモウリーニョのためにしかやらないとね。モウリーニョと一緒に仕事をした者だけが分かるんだ。彼のチームマネジメントは特別なんだ。以前まで見たことがないものだった」

スナイデルのキャリアにおいて最も成功したのはモウリーニョのインテルでプレイしていた時で間違いないだろう。モウリーニョの手腕にはかなり心酔していたようで、エトーも同様だったのだろう。当時のインテルは派手なチームではなかったが、守備の堅いモウリーニョらしい負けにくいチームだった。それを作り上げたモウリーニョはやはりスペシャル・ワンなのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ