絶対に負けられない首位攻防戦 川崎の頼れる主将・小林悠「試合の重要性はみんなわかっていた」

昨季に続いて今季も川崎のキャプテンを務める小林 photo/Getty Images

広島を逆転で撃破した川崎

現在2位の川崎フロンターレは19日、明治安田生命J1リーグの第23節で首位のサンフレッチェ広島と対戦。56分に先制点を許したものの、キャプテンでエースのFW小林悠が2点を奪い返し、2-1の逆転勝利を収めた。この結果、首位攻防戦を制した川崎が、広島との勝ち点差を「6」まで縮めている(1試合未消化)。

この一戦でチームを勝利へ導いた小林が試合後、インタビューに応じると「先制されて苦しい展開だったが、この試合の重要性はみんなわかっていた」とコメント。クラブの公式サイトが伝えた。

そして「最後までみんながゴールを目指して戦えたし、リードされてからはみんなで体を張って守れた。戦い方としてはすごくよかった。攻めづらかったが相手もチャンスがなかったし、チャンスは少ない展開になるかなとは思っていた。でも、ブレずに戦うことができた」と試合を振り返っている。

また、チームのバンディエラ(象徴的な選手のこと)であるMF中村憲剛は、自身のブログで「3連戦目ということもあり難しい試合でしたが、最後まで自分たちを信じて勝つことができました」と報告。その上で、笑顔でポーズを取る小林の写真とともに「頼りになるアンパンマ……もといキャプテン。ナイスゴールでした」と賛辞を送った。

今季リーグ2連覇を狙う川崎だが、この勢いで勝ち点を積み上げ、広島から首位を奪取することができるのか。今後の戦いにも注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ