欧州年間最優秀選手賞の最終候補者が決定! メッシやグリーズマンらを押しのけてノミネートされたのは……

最終候補にノミネートされたモドリッチ(左)、ロナウド(中)、サラー(右)photo/Getty Images

モドリッチ、ロナウド、サラーの3名

欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、欧州年間最優秀選手賞の最終候補者3名を発表した。

レアル・マドリードからクロアチア代表MFルカ・モドリッチとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユヴェントス)、リヴァプールからエジプト代表FWモハメド・サラーが選出。受賞者は、8月30日にモナコで行われるチャンピオンズリーグのグループステージ組み合わせ抽選会の際に決定する。

UEFAは公式サイトを通じて、最終候補に選ばれた理由も掲載。モドリッチはCL優勝、ロシアW杯準優勝、ロシアW杯のゴールデンボール賞の3つが評価された。そして3年連続の受賞がかかっているロナウドは自身5度目のCL優勝やCL得点王などを、サラーはCL準優勝やリヴァプール1年目ながら数々の記録を破ったことを評価しての選出だという。

また、同サイトはトップ10に入った選手たちも明かしており、フランス代表を世界一へ導いたアトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリーズマンが4位に、同じくパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペが6位にランクイン。また、受賞経験のあるバルセロナFWリオネル・メッシは5位となっている

はたして、今年の栄えある欧州年間最優秀選手賞は誰が手にするのだろうか。

[最終候補者]
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/クロアチア代表)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード→ユヴェントス/ポルトガル代表)
モハメド・サラー(リヴァプール/エジプト代表)

[トップ10に入った選手たち]
4位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/フランス代表)
5位 リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
6位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス代表)
7位 ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー代表)
8位 ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/フランス代表)
9位 エデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表)
10位 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード/スペイン代表)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ