ブレーメン入団会見へ臨んだ大迫勇也 指揮官が明かした“半端ない”期待

新シーズンからブレーメンでプレイすることとなった大迫 photo/Getty Images

「欲しい要素を全て持っている」

日本代表FW大迫勇也が29日、ブレーメンの本拠地で入団会見へ臨んだ。新シーズンの背番号は「8」に決まり、新天地での意気込みなどを語った。

4年間過ごしたケルンを離れ、今夏の移籍市場でブレーメンへ移籍した大迫。ブンデスリーガの公式サイトによると、入団会見で「自分は攻撃的な選手。攻撃に絡むところが僕の強みでもあるし、リズムを作るところも自分の強み。ワールドカップではグループリーグをしっかり戦うことができました。けれど、W杯とブンデスリーガは違うものなので、いい準備をしっかりして、ブンデスリーガに臨みたい」とコメントしている。

さらにポジションについては「日本代表として戦ったワールドカップでは9番のポジションでプレイしていました。でもブンデスリーガでは、これまで10番としてプレイしていますし、僕はどちらでもできると思う」と明かした。

また、かつてブレーメンでプレイした奥寺康彦氏について聞かれると「奥寺さんは、偉大な選手ですし、僕も日本人として恥じないようなプレイをしたい」と述べ、移籍理由については「コーフェルト監督。監督とはしっかり話しをしましたし、昨シーズンのブレーメンの後半戦はいい戦いを見せていたので、僕もそこの中に入って力になれればと思い、決断しました」と話している。

コーフェルト監督も「彼はFWだが、古典的なFWではなく、中盤での動き方も知っているFW。守備的な動きもできて、攻撃力として我々が欲しい要素を全て持っている選手。勇也がすでに何年間も、ブンデスリーガで実力を発揮してきたことも重要だ」と“半端ない”期待をあらわにしているが、大迫はそれに応えることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ