C・ロナウド移籍はレアル名物会長との不仲も原因? ミヤトビッチ「何かがあったのは間違いない」

C・ロナウドとペレス会長 photo/Getty Images

今夏ユヴェントスに移籍

今夏レアル・マドリードを退団し、ユヴェントスへ移籍したFWクリスティアーノ・ロナウド。セリエAはロナウドにとって初の挑戦となり、レアルで全てを勝ち取ったロナウドは新しいチャレンジを求めていたのだろう。ただし、かつてレアルでプレイしたプレドラグ・ミヤトビッチ氏はそれだけが移籍の理由ではないと自身の見解を述べている。

ポルトガル『A Bola』によると、同氏はロナウドとレアルのフロレンティーノ・ペレス会長との間に何かがあったのは間違いないと語っており、それが移籍に繋がったのではないかとの考えだ。

「恐らく移籍の理由はクリスティアーノと会長の難しい関係にあったのだろう。2人の間に何があったのか完璧に理解しているわけではないが、外部から見ていると何かがあったのは間違いない。2人の間には深刻な問題があり、難しい関係だったんだよ」

ロナウドは昨季チャンピオンズリーグを制した際にクラブとの契約の問題について話をしており、ペレス会長が不満を抱いていたとの情報もある。年俸の問題が何度も取り上げられることもあり、円満な別れとはいかなかったのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ