マンUのポジションは簡単に渡さない 新DF獲得の噂に8年目の男が燃える「ユニフォームは僕のもの」

マンUのスモーリング photo/Getty Images

ポジション争いは大歓迎

マンチェスター・ユナイテッドの不安ポイントの1つに挙げられているのがセンターバックで、現状はエリック・バイリーくらいしか信頼できる存在がいない。そのバイリーも負傷が目立ち、開幕までに新しいセンターバック獲得へクラブは動いてくるだろう。

現在候補に挙がっているのはレスター・シティのハリー・マグワイア、トッテナムのトビー・アルデルヴァイレルトといったところで、獲得に成功すればバイリーの相棒は新加入DFのものとなるだろう。しかし、DFクリス・スモーリングはそれを黙って見ているつもりなどない。

米『ESPN』によると、スモーリングはポジション争いには慣れており、このユニフォームを守り抜くと燃えている。

「僕は毎年の争いに慣れている。このクラブは常にセンターバック獲得の話題があり、最高の者がやってくる。だが、僕はハッピーだし、昨季から前に進みたい。今このユニフォームは僕のもので、その座をキープしていくつもりだよ」

スモーリングは決してワールドクラスのセンターバックと評価されているわけではないが、体を張って8年にわたってマンUで生き残ってきた。マグワイアもアルデルヴァイレルトも今夏のロシアワールドカップで結果を残しているが、あっさりとポジションを奪われるつもりは全くないようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ