アリソン、ナインゴラン売却でローマはどうなる!? 新戦力も加わった新シーズンの予想スタメン公開

新シーズンのローマも面白い photo/Getty Images

セリエAで十分に上位を狙える

ロシアワールドカップ開催期間中も積極的な動きを見せていたローマは、今夏の移籍市場の主役チームの1つと言ってもいいだろう。獲得、売却の両面で何かとビッグな話題を提供している。

先日にはリヴァプールに世界最高のGKの1人とされるアリソン・ベッカーをGK史上最高額の移籍金となる7250万ユーロで売却し、MFラジャ・ナインゴランもインテルへ売却している。2人ともチームの主力だったため、サポーターも不安に思っているところがあるだろう。

しかし、ローマはただ売却しているだけではない。英『Squawka』は現時点でローマの陣容はセリエAで十分に上位を狙えるものと伝えており、新シーズンの予想スタメンを公開している。

GK
アントニオ・ミランテorロビン・オルセン

DF
アレッサンドロ・フロレンツィ、コスタス・マノラス、イヴァン・マルカノ、アレクサンデル・コラロフ

MF
ダニエレ・デ・ロッシ、ブライアン・クリスタンテ、ハビエル・パストーレ

FW
ステファン・エル・シャーラウィ、ディエゴ・ペロッティ、エディン・ジェコ


オルセンは現在コペンハーゲンに所属しているスウェーデン代表のGKで、アリソンの後釜候補として獲得が迫っていると言われている。その代役候補が今夏ボローニャから獲得した35歳のベテランGKミランテとなる。

最終ラインはサイドバックの2人は不動で、センターバックには今夏ポルトからマルカノを獲得。フェデリコ・ファシオを含めセンターバックの層は厚くなった。

中盤ではアタランタから23歳のクリスタンテを獲得。ケビン・ストロートマンもおり、ナインゴランの穴を巧みに埋めていかなければならない。またパリ・サンジェルマンからパストーレも獲得しており、創造性のプラスが期待できる。

前線ではウイングにアヤックスから期待の若手ジャスティン・クライファートを獲得しており、いきなり先発は難しくともシーズンが進むにつれて戦力となるはずだ。さらに右のウイング候補としてボルドーのマルコム獲得へ近づいている。同メディアもローマサポーターの願いはマルコム獲得にあると伝えており、実現できればローマの両ワイドはかなり強力だ。

選手の顔ぶれは少々変わるが、戦力は落ちていない。昨季はエウゼビオ・ディ・フランチェスコの指揮の下チャンピオンズリーグでバルセロナを撃破してベスト4に入るなどサプライズも起こしてきた。ユヴェントスの支配を止められる候補の1つにローマも間違いなく入っている。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ