復活誓うドイツは新皇帝に注目! 188㎝の高身長攻撃的MFこそ”バラック2世”

レヴァークーゼンのカイ・ハヴェルツ photo/Getty Images

10代ながらポジションを確保

ロシアワールドカップでまさかのグループステージ敗退に終わったドイツ代表は、本格的に世代交代を進めていくことになるだろう。そこでキーマンの1人となりそうなのがレヴァークーゼンでプレイする19歳のMFカイ・ハヴェルツだ。

2017-18シーズンも主力として活躍していたハヴェルツは4年後までにはドイツ代表の主力となってほしい人材だ。ブンデスリーガ公式も2018-19シーズンの注目タレントの1人として特集しているが、1つの特長がサイズだ。

ハヴェルツは188cmを誇る攻撃的MFで、2017-18シーズンは86回の空中戦勝利を記録している。これはレヴァークーゼン内ではセンターバックのヨナタン・ターとスヴェン・ベンダーに次いで3番目に多い数字となっている。しかもトップスピードは34.4Kmを記録しており、決して動きの鈍い大型MFというわけではない。

同サイトは元ドイツ代表MFミヒャエル・バラックのようなパワー溢れる攻撃的MFとして期待をかけている。ドイツではレオン・ゴレツカもバラック2世と呼ばれるなど、新皇帝候補は他にもいる。ハヴェルツもその1人というわけだが、新シーズンに確固たる地位を築いてドイツ代表不動の新皇帝となりたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ