レアルは”80ゴール分”を1年で放出した 新チームで起こり得る得点力不足にスペイン紙警告

レアルを去ったロナウド photo/Getty Images

得点力をどう補うつもりか

新シーズンのレアル・マドリードはどう得点を奪っていくつもりなのだろうか。今夏にFWクリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍し、得点力は大幅にダウンした。新戦力で穴埋めをする必要があるが、そう簡単に埋まるものでもない。

スペイン『as』は、ロナウドだけの話ではないと取り上げている。昨夏には出場機会を求めていたFWアルバロ・モラタがチェルシーへ、MFハメス・ロドリゲスがバイエルンへ、FWマリアーノがリヨンへ向かっている。モラタは2016-17シーズンに20得点、ハメスは11点、マリアーノは5点奪っていたため、2017-18シーズンに44得点を挙げたロナウドと合わせてレアルは1年で80ゴール分の得点力を放出したことになる。

2017-18シーズンの働きを見る限り、カリム・ベンゼマにも大量得点は期待できそうにない。ガレス・ベイルは得点力のある選手だが、怪我が多いのが難点だ。補強を上手く行わなければ得点力不足に陥る危険性があり、ロナウドの穴の大きさを痛感する新シーズンとなってしまうだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ