ロナウド、ロシアW杯後も代表キャリア続行に意欲「W杯を制することができたとしても……」

ポルトガル代表を世界一へ導けるか!? 絶対的エースのロナウド photo/Getty Images

「僕は野心的なんだ」

レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ロシアW杯後の代表キャリアの続行に意欲を示している。

まもなく自身4度目のW杯へ挑む現在33歳のロナウド。数々のタイトルを獲得してきた世界屈指のスーパースターだが、代表での世界一の称号だけは未だ手にしていない。それもあってか、インタビューに応じた際にW杯について「W杯を優勝することはみんなのキャリアにおいて、達成可能なタイトルの中で1番のタイトルだ。みんなが国を代表しているし、勝つのはとても困難だからね」と語った。英『Daily Mail』などが伝えている。

そして「もし僕らはそれ(W杯優勝)を成し遂げることができれば、僕らにとって最高の喜びとなる。ポルトガルにW杯を与えることが、僕の人生で最大の夢なんだ。そして、選手たちが勝つことを望む全てのタイトルを、僕が勝ち取ることにもなるからね」とも明かした。

さらに、ロナウドはロシアW杯後についても言及。「一部の人は考えているかもしれない。もし僕がW杯を制することができれば、その時は(代表を)引退する時だと。ただ、僕は野心的なんだ。まだこのスポーツに、たくさんのものを与えることができるよ」と話している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ