CL決勝を控えるサラー、パフォーマンス低下の可能性も 一体なぜ?

敬虔なイスラム教徒として知られるサラー photo/Getty Images

決勝戦当日も“断食”か

今季の公式戦51試合に出場して44ゴールと、驚異的な得点力を見せつけているFWモハメド・サラー(リヴァプール/エジプト代表)。26日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ決勝(レアル・マドリード戦)での活躍が期待されているものの、一方でパフォーマンスの低下が懸念されている。

敬虔なイスラム教徒として知られる同選手だが、決勝戦当日は“ラマダン”の時期にあたる。ラマダンとはイスラム教徒が守るべき五つの義務(五行)のひとつで、約1ヶ月もの間日中の飲食を断つというものである。アスリートに対し特例措置が認められるケースもあるが、サラーが決勝戦当日もラマダンを行う意向を示したことが、スペイン紙『MARCA』で明らかとなった。

ラマダンを継続した場合、日没まで飲食を行えない同選手だが、大一番にむけて自身のコンディションを整えることができるだろうか。同選手のパフォーマンスに注目が集まる。



●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ