フンメルス&ズーレ遅すぎ! フランクフルトの快速FWにあっさりやられた2人に厳しい視線

敗戦に肩を落とすフンメルス photo/Getty Images

DFBポカール決勝落とす

19日にDFBポカール決勝でフランクフルトと対戦したバイエルンは、圧倒的に優位との前評判ながら1-3で敗れてしまった。試合前にフランクフルトMFケビン・プリンス・ボアテングはバイエルンの高すぎる最終ラインが弱点になるのではないか、そこを突いて数少ないチャンスを活かせれば勝利もあると語っていたが、まさにその通りとなってしまった。

シュート数はバイエルンの方が多かったが、フランクフルトはスピードあるFWアンテ・レビッチらを中心に速攻から何度か決定機を作った。それを上手く活かし、3点を奪ってみせた。この結果に米『ESPN』は、最終ラインでコンビを組んだマッツ・フンメルスとニクラス・ズーレが遅すぎると厳しい指摘をしている。

1点目はバイエルン陣内でフランクフルトがボールを奪い、レビッチへのパス1本から独走を許して得点を決められた。勝ち越し弾となったレビッチの2点目の場面でも、単純なロングボールに対してフンメルスが遅すぎた。ヨーイどんの戦いでレビッチに勝てないことはバイエルンの足を大きく引っ張ることになってしまった。

同メディアは負傷離脱中のジェローム・ボアテングがいれば結果は違っていたかもと見ており、ズーレとフンメルスではハイラインの裏をケアするには不十分だった。この2人は揃ってドイツ代表に選ばれており、ボアテングはワールドカップまでに100%の状態に戻るか分からない。チェルシーのアントニオ・リュディガーのように身体能力の優れたDFもメンバーには入っているものの、この一戦で感じたスピードの不安はドイツ代表にとっても気になるポイントだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ