1日半で再生数は130万回以上! VAR導入を促すローマのユーモア溢れる動画が話題[映像アリ]

すでにセリエAやブンデスリーガなどでは導入されているVAR photo/Getty Images

CLにもやはりVARが必要か

ローマがSNSに投稿したユーモア溢れる動画が、欧州で話題となっている。

2日に行われたチャンピオンズリーグの準決勝2ndレグで、リヴァプールをホームへ迎え入れたローマ。1stレグを2-5で落としたこともあり、積極的に攻撃を仕掛け、4-2で勝利を収めている。ただ、アウェイでの3点差をひっくり返すにはあと一歩及ばず、2戦合計スコア6-7でベスト4敗退を喫することとなった。

しかし、この結果に納得がいかなかったのがローマだ。ステファン・エル・シャーラウィのシュートを、明らかなハンドで阻止したトレント・アレクサンダー・アーノルドがノーファウルの判定になるなど、いくつか疑惑の判定があった。もしファウルがきちんと認められていれば延長、もしくは逆転突破の可能性があっただけに、ローマのジェームズ・パロッタ会長やモンチSDが、試合後に怒りや不満を口に。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の早期導入を訴えていた。

そんなローマが15日、英語版の公式Twitterを更新し、「これがチャンピオンズリーグにVARが必要な理由だ……」とのコメントとともに動画を公開。動画には、チームの10番を背負うディエゴ・ペロッティと彼の息子が、試合後にスタディオ・オリンピコでサッカーをする様子が映し出されていた。

その中で、ドリブルする息子に対してペロッティが後ろから足を伸ばし、倒す場面があった。この行為に対して笛が吹かれると、カードを要求するファンやビデオを確認する審判、固唾を飲んでピッチを見つめるフランチェスコ・トッティ氏の映像などが流れる。そしてVARの結果、ペロッティにレッドカードが提示された。センス抜群の映像編集で「正確な判定を下すにはVARは必要だ」という動画を作り上げ、UEFA(欧州サッカー連盟)にVARの早期導入を促したのだ。

この動画は2日経たずして130万回以上も再生され、大反響を呼んでいる。はたして、近い将来CLでもVARは使用されることとなるのか。




記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ