空いた2つの席を6選手が争う! W杯行きへ、イングランド代表で起こるサバイバル

リヴァプールで復帰近づくララーナ photo/Getty Images

チェンバレンとジョー・ゴメスが離脱で席が空く

来季の欧州カップ戦出場権獲得や、残留を懸けた戦いなどシーズンの最後まで重要な試合は数多くある。しかし、今季はそれ以外にも選手たちが終盤戦に集中する理由がある。それは今年がワールドカップイヤーだからだ。代表入り出来るか分からない際どい立ち位置にいる選手たちはシーズン終盤に強烈なインパクトを残したいところだ。メンバー入りを懸けたサバイバルが行われているのも、ワールドカップイヤーならではの面白さだ。

英『Daily Mail』はイングランド代表のサバイバル模様を特集しているが、注目すべきはリヴァプールMFアレックス・オックスレイド・チェンバレンとDFジョー・ゴメスの負傷離脱だ。両者はすでにワールドカップのメンバーから外れることになっており、メンバー入りへ2人分の席が空いたことになる。

同メディアは、この席を6選手が争う構図になると予想している。リヴァプールMFアダム・ララーナ、チェルシーからクリスタル・パレスにレンタル移籍しているMFルーベン・ロフタス・チーク、チェルシーDFガリー・ケイヒル、マンチェスター・ユナイテッドDFクリス・スモーリング、リヴァプールDFトレント・アレクサンダー・アーノルド、エヴァートンDFマイケル・キーンの6名だ。

チェンバレンは代表で主に2列目を担当しており、ポジション的にはララーナが最も近い。今季は怪我で戦線を離脱しているが、同メディアは終盤にインパクトを残せればメンバー入りも可能と見ている。ジョー・ゴメスは最終ラインの選手で、イングランド代表がワールドカップで3バックを使用するならセンターバックの頭数は欲しいところ。若いキーンか、経験豊富なケイヒルかスモーリングか。アーノルドは右のウイングバック候補となるだろう。

いずれにしてもチェンバレンとゴメスの離脱でメンバーの顔触れが変わるのは間違いない。いよいよプレミアリーグも最終節を残すのみだが、ワールドカップイヤーの今年は選手たちの目の色が違うはずだ。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ