マンUに激震…… 名将ファーガソン氏が脳出血で緊急手術

たびたびマンU戦を観戦に訪れていたファーガソン氏(中)photo/Getty Images

手術は無事成功

マンチェスター・ユナイテッドは5日、かつて同クラブの指揮官を長年務めた名将アレックス・ファーガソン氏が、脳出血により緊急手術を実施したと発表した。

同クラブの公式サイトによると、ファーガソン氏の手術は無事成功。できるだけ早く回復させるために、集中治療の期間が必要になるという。今回の件を受けて「彼の家族はプライバシーが守られることを希望している。我々はサー・アレックスと彼の愛した人たちの考えを尊重し、快適でスピーディな回復を願っている」との声明を発表している。

先日行われたマンU対アーセナル戦(第36節)では、今季限りでの退任が決まったかつてのライバル、アーセン・ヴェンゲル監督のセレモニーに出席し、オールド・トラッフォードで元気な姿を見せていたファーガソン氏。しっかりと病気を治し、再びファンの前で元気な姿を見せてもらいたいものだ。多くのファンが、この名将の回復を心より祈っていることだろう。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ