ケルンはすぐ1部に戻ってこられる? ブンデス公式が早期昇格を期待する理由

2部へ降格したケルン photo/Getty Images

2部では無双も可能か

日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは、昨季ブンデスリーガで5位と躍進しながらも今季は最下位。まさかの2部降格となってしまった。昨季のチーム得点王アントニー・モデストが退団したとはいえ、ここまで落ち込むと予想していた者は少なかっただろう。

今はサポーターも気持ちが沈んでいるだろうが、ブンデスリーガ公式はケルンが来季にも1部昇格を決めてしまうのではないかと期待している。そう期待させるだけの理由がいくつかあるからだ。

まず何と言っても心強いのがDFヨナス・ヘクター、MFマルコ・ヘーガー、GKティム・ホルンの主力が残留を表明していることだ。大迫にはオファーも届いているようだが、主力が残ってくれれば2部での戦いに大きなアドバンテージとなる。

また、ケルンはこの冬にシュツットガルトからFWシモン・テロッデを獲得している。テロッデと
いえばシュツットガルトの1部昇格にも大きく貢献したストライカーで、ボーフムでの一昨季、シュツットガルトでの昨季と2部では2シーズン連続得点王だった。2部での戦いを知り尽くすFWがいるのも大きい。

来季からチームの指揮を執るマークス・アンファングも興味深い指揮官だ。今季は2部のホルシュタイン・キールを指揮し、現在チームを3位に導いている。特長は攻撃力にあり、ホルシュタイン・キールは今季2部最多の64得点を挙げている。アンファングの下で魅力のある攻撃的なフットボールを展開できるのではないかと同サイトは見ているようだ。

これらの要素が上手く機能すれば、ケルンは2部で盤石の戦いができるはずだ。さらにケルンはこれまでも何度か昇格と降格を繰り返しているが、降格してもすぐに昇格してきた歴史が
ある。喜んでいいのか分からない歴史だが、1997-98シーズン以降は5度降格を経験しており、そのうち1シーズンで1部復帰を果たしたのが2回、2シーズンで1部復帰を果たしたのが3回となっている。これも同サイトが早期昇格を期待している理由だ。


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ